DHAとEPAを摂るためには

体内では作りだすことのできない必須脂肪酸であるDHAとEPA。 人間がすこやかに生活するために必要不可欠な成分であると言えます。 内臓脂肪や悪玉コレステロールを減少させ、生活習慣病の予防に効果的を発揮し、体のバランスを整える万能成分。毎日きちんと摂取したいものですが、なかなか難しいこともあるようです。

 

DHAとEPAは青魚や藻類に多く含まれる成分です。 摂取するためには、青魚や藻類を積極的に摂る必要がありますが、人間一人の1日に理想摂取量は1000r。魚の種類によっても違いますが、毎日魚を1尾や2尾食べ続けないといけない計算になります。

 

最近の日本人は、魚を食べなくなったと言われています。昔の日本人は魚を良く食べていましたが、最近の生活習慣は、日本人を魚から遠ざけてしまっているのです。

 

毎日とても忙しく、外食が多くなったり、コンビニ弁当に頼ることが多くなっています。 また、魚より肉を好む人が多くなったことも影響していますが、肉より魚の方が調理が面倒だ、魚をさばくことが出来ないことも魚を食べなくなった原因でもあるようです。

 

ですが、毎日の生活習慣を変えることはそう簡単なことではありません。 では、このように大切な成分であるDHAやEPAを、そうすれば手軽に摂取することができるのでしょうか?

 

それはサプリメントです。 通常は魚から摂取する成分ですが、調理の仕方によってはせっかくの成分を減少させてしまうこともあります。また脂肪酸であるため、酸化してしまうという弱点もあります。

 

そのようなマイナス点を心配することもなく、DHAとEPAの持つ有効成分を100%摂取することのできる優れもの。それがサプリメントなのです。

 

どんなに忙しい毎日でも、簡単に手軽に摂ることのできるサプリメントは、忙しい現代の日本人には心強い味方なのです。