DHAとEPAの違い

どちらも不飽和脂肪酸であり、必須脂肪酸であるDHAとEPA 青魚に多く含まれることでも良く似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

DHAとEPAはどちらも体に必要不可欠な脂肪酸です。 これは体内で作り出すことのできない成分。

 

その脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けることが出来ます。 飽和脂肪酸は卵やバター、パーム油などの、主に動物性脂肪食品に多く含まれます。 たくさん摂り過ぎるとコレステロールを増やし、 中性脂肪を体内に蓄積させてしまいます。 その一方、不飽和脂肪酸は、主に植物性脂肪の食品に多く含まれています。

 

その不飽和脂肪酸は、さらに二つに分けることが出来ます。 それは、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸です。

 

一価不飽和脂肪酸はオレイン酸などのn-9系列の脂肪酸で、主にオリーブオイルやナッツ類などに多く含まれます。 もうひとつの不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸は通称必須脂肪酸と呼ばれているのです。

 

実はこの多価不飽和脂肪酸はもう二つに分類することが出来ます。 それは、n-3系脂肪酸とn-6系脂肪酸。

 

n-6系脂肪酸はリノール酸やγ-リノレン酸などの脂肪酸で、主にコーン油や紅花油などに含まれる脂肪酸です。 n-3系脂肪酸は主に青魚に多く含まれています。 このn-3系脂肪酸にEPAとDHAが分類されているのです。

 

このように細かく分類された枝先に一緒に並んでいる二つの成分。 悪玉コレステロールや中性脂肪の減少、生活習慣病の予防や血圧向上の抑制など、効果的にもとてもよく似ている成分ですが、 違う部分もあるのです。 とても分かりやすく言えば、DHAは脳に効成分、EPAは血液に効く成分です。

 

DHAは脳神経に働きかけ脳を活発にするため、記憶力が向上するといいます。 お年寄りの認知症、またお腹の中の胎児にも効果的だと言われています。 また、気分をやすらげ、リラックスさせる効果もあります。 もちろん、脳梗塞や脳血栓の予防します。また視神経の役割向上にも効果的です。

 

一方EPAは、血液をサラサラにする効果が高く、血栓が出来るのを予防します。 そのため、心筋梗塞や動脈硬化にとても効果的です。 また、アレルギー疾患にも効くと言われています。