DHAとEPAの違い

不飽和脂肪酸であるDHAとEPAは人間にとってとても大切な成分です。 そのため、厚生労働省は1日の理想摂取量を設定しています。 厚生労働省が設定する1日の理想摂取量は1000r。 では、可食部100gに含まれるDHAとEPAの量はどのくらいなのでしょうか。 魚ごとにまとめてみました。

DHAを多く含む魚

食材 可食部100gに含まれる量
本まぐろ
2877r
まだい
1830r
ぶり
1785r
さば
1781r
さんま
1398r
まいわし
1136r
本まぐろ
2877r
さけ
820r
あじ
748r
かつお
310r
かれい
202r

EPAを多く含む魚

食材 可食部100gに含まれる量
まいわし
1381r
本まぐろ
1288r
さば
1214r
まだい
1085r
ぶり
899r
さんま
844r
さけ
492r
あじ
408r
かれい
210r
ひらめ
108r

厚生労働省が推奨する1日の摂取量1000rを実際に摂るには、まぐろでは5切れほど、いわしやさんま、あじなら1尾まるごと。含有量の多いさばなら、切り身ひと切れ程度を毎日摂り続けなくてはなりません。