DHAとEPAの効果

私たち人間にとって必要不可欠な成分である脂肪酸。 その脂肪酸の中で良い働きをしてくれるのが不飽和脂肪酸です。 不飽和脂肪酸に属するDHAとEPAですが、この二つの成分は似ているようで、少し違った効果を持っているようです。 では、DHAとEPAこのふたつの成分の効果とはどのようなものでしょうか?

 

DHAの効果

 

DHAは頭の良くなる成分として有名で、脳細胞を活性化させる働きを持っています。 そのため高齢者の認知症の改善に効果的とも言われています。

 

また妊娠中のお母さんにもぜひ摂ってほしい成分のひとつでもあります。 母体だけでなく、お腹の中の胎児の脳の発達にも有効に作用すると言われており、最近では赤ちゃんに飲ませる粉ミルクに DHAを強化したものも多く販売されています。

 

また視神経にも効果的で、目を良くする成分でもあります。 さらに、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させ、高血圧、糖尿病の改善、またガン予防にも作用するという、万能成分です。

 

EPAの効果

 

中性脂肪の、悪玉コレステロールを減少させ高血圧を予防する効果はDHAと同じですが、EPAの効果で有名と言えば、血液サラサラ成分。 ドロドロの血液をサラサラにし、脳梗塞や心筋梗塞の予防に効果的だと言われています。

 

また、女性にも優しいのが嬉しいところ。 美容にも効果的でダイエットのサポートもしてくれます。

 

さらにアレルギー疾患のある人は、症状の改善にも一役買ってくれる成分なのです。