DHAとEPAが不足してしまうと

とても大切な成分である必須脂肪酸。 人間の体では生成することができず、毎日こまめに摂取する必要があります。 その中でもDHAとEPAはとても重要な役割を果たしているのです。

 

DHAは頭を良くする成分として有名で、脳神経に効果的作用します。 お腹の赤ちゃんにも積極的に摂取させた方が良いのは、あまりにも有名な話ですね。 また視神経にも作用し、視力回復にも影響すると言われています。

 

EPAは、血液に効果をあらわす成分で、血液がドロドロになるのを防く効果があります。 またダイエット、美容効果もあり、女性に嬉しい成分でもあります。

 

このように各成分特有の効果はありますが、共通の効果もたくさんあります。
.

  • 精神を整えリラックスさせる
  • アレルギー症状の改善
  • 中性脂肪の減少
  • 生理痛を和らげる
  • 血圧を下げる
  • 悪玉コレステロールを減少させる
  • ガンの予防
  • 糖尿病などの生活習慣病の予防

 

このように、さまざまな効果を実感することのできるDHAとEPAの両成分は、年齢を問わず、幅広い年齢層に必要なマルチ成分なのです。

 

ですが主に青魚に多く含まれるこれらの成分は手軽に摂取することはなかなかむづかしく、日本人の多くは理想の摂取量に足りていない人が多いのです。

 

では、もしこれらの成分が不足した場合、私たちの体はどうなってしまうのでしょう? また、どのような病気をひきおこしてしまうのでしょうか?

 

  • 高脂血症や動脈硬化になりやすくなる
  • 血管を流れる血液がドロドロになり、血栓ができやすくなる
  • 内臓脂肪が増え、メタボリックシンドロームになりやすい
  • 心筋梗塞、脳梗塞になりやすくなる
  • 高血圧
  • 糖尿病になりやすくなる
  • 認知症の症状がでやすくなる
  • 視力低下、老眼の症状がでやすくなる
  • 精神的に不安定になりやすくなる
  • 肌が荒れやすくなる

 

など、DHAとEPAが不足してしまうと、このようにたくさんの不安材料を抱えてしまうことになります。このような病気の予防のためにも、意識して摂取するように心がけましょう。