DHAとEPAとはどんな成分なのか

最近良く目にする成分、DHAとEPA。 テレビショッピングや通販サイトにも頻繁に登場し、特に注目を集めている成分です。 ではその注目の成分、DHAとEPAとはどんな成分なのでしょうか?

 

まず、DHAとEPAは両成分とも、私たち人間が自分自身で作ることの出来ない成分です。 この二つの成分は「必須脂肪酸」と呼ばれ、私たちの体のバランスを整え、すこやかな生活を送るために必要な成分だと言われています。

 

この脂肪酸は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の二つに分けられ、さらに不飽和脂肪酸は、「多価不飽和脂肪酸」と「一価不飽和脂肪酸」に分けられます。この多価不飽和脂肪酸を必須脂肪酸と呼びます。

 

飽和脂肪酸は卵やバターなどの動物性脂肪が多く、多く摂り過ぎると肥満や生活習慣病の原因にもなります。 一方、不飽和脂肪酸は、同じ脂肪酸ではありますが主に植物性で、脂肪になりにくく、コレステロールを下げる働きもあります。 含まれる食品としては、ゴマ油やオリーブオイルなどがあります。

 

DHAとEPAは、この多価不飽和脂肪酸のグループに属しているのです。

 

DHAとは

 

正式名称を「ドコサヘキサエン酸」といい、主に青魚(まぐろ、かつお、さば、いわし)や藻類に多く含まれる必須脂肪酸のひとつ。

 

俗に「頭が良くなる成分」とも言われており、脳の神経細胞を活性化させる効果があるため、認知症の治療にも一役買っています。 また、動脈硬化や脳梗塞、がんの予防やコレステロール値を下げる効果もあります。

 

EPAとは

 

正式名称を「エイコサペンタエン酸」といい、DHAと同じく青魚(さば、いわし、あじなど)や藻類に多く含まれる必須脂肪酸のひとつ。

 

体のバランスを整えることが得意な成分で、ダイエット効果や生理痛の緩和など、女性にも嬉しい効果があります。 また、アレルギーやアトピーにも効果的とも言われています。

更新履歴